【喫煙と筋トレ】タバコがカラダに与える2つのデメリット!あすいち

【喫煙と筋トレ】タバコがカラダに与える2つのデメリット!あすいち

こんにちは 、夢や目標の期限を公開宣言し達成する『あすいち』運営のたべちゃんです😋

あすいち』とは、自分に課題を課し、達成までの道のりを投稿し続け仲間と一緒に有言実行をサポートするオンラインコミュニティです。

たべちゃんの目標は、6ヶ月以内に腹筋が8つに分かれている8パックを達成します!!

ワークアウト1日目の様子はコチラ←理想と現実がヤバイ(笑)

ワークアウト48日目に突入!!!

あなたは、タバコを吸っていますか?

私は34歳の時に、あることをキッカケに喫煙をしております💦

話せば長くなるので割愛しますが、「タバコを吸うと体力が落ちる」って話しをよく聞きますが、実際にタバコとトレーニング効果の関係性はどうなんでしょうか?

結論から言うと、

タバコは百害あって一利なしですが、「禁煙」や「喫煙」は自己判断で自由でいいと思いますが、非喫煙に対しての最低限のマナーは絶対に守るべき!!!

人として他人に迷惑をかけるのだけは、自由ではないのでお互い気を付けましょう😉

『タバコがカラダに与える2つのデメリット』

タバコがトレーニング効果を下げてしまうというのは、何となくイメージがつくものですが、具体的にどのような悪影響を及ぼしてしまうのか知ることが大切です!

■回復力の低下

タバコはスポーツのパフォーマンスを左右するだけでなく、カラダや傷を修復するための回復力も低下させてしまいます。

このためダイエットや筋力トレーニングを行っている場合などは、回復の速度が遅くなることにより、タバコを吸わない人よりもトレーニング効果が出にくくなる可能性があるのです。

また、コラーゲンの生成を促すビタミンCの損失が大きくなることも、回復力を落とすことにつながります。

■有酸素運動能力の低下

喫煙の最大のデメリットになるのが、呼吸機能の低下による息切れ・持久力の低下といった、有酸素系の運動能力が低下してしまうことです。

簡単にいえば、

個人差はありますが「スタミナが低下」してしまい、喫煙している人はほぼ確実に酸素を体に取り込む能力が低下してしまうのです!

その要因となるのが、タバコの煙に含まれる有害物質「一酸化炭素」なんです。

症状が悪化してしまうと最悪の場合には、激しい運動を行う事が困難になったり、酸素吸入などを行わないと十分
な呼吸が出来なくなる恐れがでてきます。

『タバコがカラダに与えるメリットは?』

私を含め喫煙者からしたら、タバコがカラダに与えるデメリットはあるけれど、メリットもあるんだといいたくなりますよね。

私も喫煙者の立場からしてメリットをあげたいのですが、残念ながら健康面から考えると一つもないのです💦

■タバコを吸うことによってプラスになる要素は一つもない

タバコを吸うと「気分をリラックスさせる効果がある」という人もいますが、タバコを吸った時だけ中毒症状が緩和されているだけの錯覚であることが分かっています。

耳の痛い話しにはなりますが、

基本的にタバコはダイエットやトレーニングの妨げになるだけでなく、健康的に生活する上で有害なものとなっているのです。

『最終的には自己判断』

タバコがいいとか悪いとかは、関係ないんじゃないかって思うのが一番です。

禁煙をしたければすればいいし、喫煙をしたければ吸い続ければいい!

ただ重要なのは、

非喫煙者に対しての最低限のマナーだけは守るのが絶対です!!!

私個人としては禁煙したいと思っておりますが、実際にやめれる自信は今のところありません💦

禁煙に成功された先輩方のオススメの方法がありましたら、ぜひコメントください。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。