肥満体から20㎏以上痩せたからいえる部分痩せは不可能なのか!?ダイエット部分痩せ(あすいち)

肥満体から20㎏以上痩せたからいえる部分痩せは不可能なのか!?ダイエット部分痩せ(あすいち)

こんにちは 、夢や目標の期限を公開宣言し達成する『あすいち』運営のたべちゃんです😋

あすいち』とは、自分に課題を課し、達成までの道のりを投稿し続け仲間と一緒に有言実行をサポートするオンラインサロンです。

たべちゃんの目標は、6ヶ月以内に腹筋が8つに分かれている8パックを達成します!!

ワークアウト1日目の様子はコチラ←理想と現実がヤバイ(笑)

ワークアウト115日目に突入!!!

今日は、ダイエットでよく耳にする部分痩せは可能なのか!?ってお話しです。

私は2022年1月2日からダイエットをはじめた当初は、MAX体重79㎏で体脂肪率が約30%と「自他共に認める肥満体」でした(笑)

現在は、ダイエット開始から4ヶ月目に突入しており、コツコツ継続していることもあり「激太りする前の体重」までほぼ戻すことができました😁

さて、

ダイエットをやっていると「お腹」「二の腕」「お尻」「太もも」等のある部位だけの脂肪を減らすという「部分痩せ」を耳にしませんか?

私は実際にダイエットで、20㎏以上の体重を落としていますが「部分痩せが可能か?不可能か!?」を経験上でお話しいたします。

はじめに結論をお伝えしますと、

人間の体には「特定の脂肪だけを減らすという機能がない」ので、特定の脂肪だけを優先して減らすという「部分痩せは非現実的」だといえます。

また、

特定の部分だけにとらわれるのではなく、ダイエットをするのであれば「女性であればボディラインを美しく」や「男性なら引き締まった体型」などの「理想の体型を目指す」ことのほうが、ダイエットを達成した場合に喜ばしいことだと思うです!!!

『脂肪が落ちる順番がある』

ダイエットでは、一般的に脂肪が落ちやすい順番があるのをご存じですか?

個人差はありますが、

脂肪が落ちやすい順番は左から、「ふくらはぎ」「腕」「肩」「太もも」「胸」「お腹」「腰」「おしり」の順番となっているのです。

実際に私自身もこの順番で、痩せていきました。

私はダイエットの専門家ではなく、知識不足な部分もありますので「部分痩せは不可能」とはいいきりませんが、特定の部位の脂肪を集中的に落とす行為は「ダイエットにおいては、非現実的であり非効率」だといえます!

ここでは、ダイエットで部分痩せがなぜ非現実的なのかを簡単にご紹介します😃

■部分痩せは非現実的

ダイエットで痩せるということは、蓄積している体脂肪を減らすことなのです。

部分痩せが非現実的な一番の理由は、人間の体には「特定の脂肪だけを減らすという機能がない」ので、特定の脂肪だけを優先して減らすということはできません。

痩せるとすれば、かならず全身の脂肪を分解・燃焼させることで、からだ全体から少しずつ減っていきます。

ただ、

気になる部位を「筋トレによって引き締めることはできる」ので、普段使っていない筋肉を使うことでダイエットにプラスの効果を与えることができます。

■ダイエットは長期戦なので無理をしない

ダイエットは、長期戦なので過度な「食事制限」「運動」は続きません💦

私が実践しているのは「16時間断食ダイエット」で、1日24時間の中で、食事をとらない時間を16時間連続で作ることです!

これはもちろん寝ている時間も含まれますので、ご自身の生活スタイルに合った時間帯を自由に選択することができます😃

16時間は何も食べてはいけないわけではなく、お腹が空いて我慢できないのであれば「ナッツ類」「チーズ」「無糖ヨーグルト」「フルーツ」などは食べても大丈夫です。

はじめのうちはお腹が空くかもしれませんが、慣れると気にならなくなりますよ。

また、「16時間断食ダイエット」のいいところは、1日のうち8時間は食事制限がないので、あなたの好きな物を食べられるのでおすすめです😉

『部分痩せではなく、理想の体型』

ダイエットをはじめられる方の「気になるボディパーツ」は人それぞれだと思います。

ただ、部分瘦せをしたい人は、仮に気になる部分が痩せたら「次に気になる部分が必ずある」のではないでしょうか?

特定の部分だけにこだわるのではなく、どうせ努力をされるのであれば「女性であればボディラインを美しく」や「男性なら引き締まった体型」などの「理想の体型を目指す」ことが、目的を達成した場合には、さらに喜ばしいことなのではないでしょうか。

いかがだったでしょうか!?

『あすいち』では、私と一緒に『理想の体型を目指す』ダイエットメンバーを募集しておりますので、興味がある方はお気軽にご連絡ください。

また、

おすすめのダイエット方法がありましたら、ぜひコメントください。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。