広告を出しても集客に繋がらない店舗には共通点がある!安定した集客を実現(あすいち)

広告を出しても集客に繋がらない店舗には共通点がある!安定した集客を実現(あすいち)

こんにちは 、夢や目標の期限を公開宣言し達成する『あすいち』運営のたべちゃんです😋

あすいち』とは、自分に課題を課し、達成までの道のりを投稿し続け仲間と一緒に有言実行をサポートするオンラインコミュニティです。

たべちゃんの目標は、6ヶ月以内に腹筋が8つに分かれている8パックを達成します!!

ワークアウト1日目の様子はコチラ←理想と現実がヤバイ(笑)

ワークアウト69日目に突入!!!

今回は、広告についての話し。

フリーランスでWebサイト制作やSNSコンサルなどをやっているのですが、

安定した集客を実現するためにはどうしたらいいでしょうか?っていう質問をされることがあります。

集客ができず「売上」と「利益」が安定していない店舗には、集客を行う以前に、まずは顧客となるターゲットついてまったく把握されていないという共通点があります!

また、

現状をお聞きした場合には、「ホームページ」「SNS」「広告」等の運用をしているが、100%といっていい程に「放置」又は「分析」をされていません💦

現在では、

検索するという形で自らが知りたい情報を手に入れることができ、今後はさらに便利になって加速していきます。

これは店舗集客についても同じで、顧客となるターゲットに対して、店舗自らがターゲットに対して的確な情報発信をしていかなければ集客には結びつかないということがいえるのです。

では、安定した集客を実現するためにはどうしたらいいでしょうか?

はじめに結論からお伝えしますと、

広告の効果を最大限にするためには、お客さんが安心して購入(サービス)を受けられる環境(コンテンツ)作りをすることが重要です!!!

現代においては、お店を検索した時に必要な情報が見つからないのは致命的ですので、無料で使える「ホームページ」「SNS」「ブログ」がありますので、最低限あなたのことを知ってもらうことが大切なのです。

今回は、広告を出したのになぜ効果がないのかを簡単な説明を挟みながらご紹介します😆

広告に効果はあるのか?

あなたの広告は、ご自身が期待した効果が得られていますか?

この質問に即答で「はい」と答えられる方は、ぜひ広告をご活用ください。

もし「いいえ」の方おられましたら、広告を出すべきではありません。

インターネットの普及により以前に比べて広告の種類も増え、ターゲットの絞り込みも細かくできるようになりました。

言い換えれば広告を出せば、あなたのターゲットに対してダイレクトに商品 (サービス)を見てもらうことが可能になったといえます。

むしろ広告を出す体力 (お金)があるのなら、積極的に出した方が認知度も売り上げも右肩上がりに上がるということです。

広告の効果は絶大で、オープンしたての店舗であっても集客につながります。

私自身も発信する際には広告を活用する機会が多くあり、また広告による効果を実感していますので、広告をだすことを否定もしません。

ではなぜ、

ターゲットの絞り込みも細かくできるのに、広告の効果が出ないのかをこの機会に少し考えてみてください。

『悪いのは広告のせいではない』

私は高校を卒業して16年関東で過ごし、3年前に地元の筑豊に戻ってきました。

筑豊に戻ってきて特に驚いたことが2つあります。

・ホームページを持たれている店舗が少ない

・SNS等を使って情報発信をしていない

地域性がありますので関東と筑豊を比べることはしませんが、何かサービスを提供されており、情報発信をされている方なら重要性はご理解いただけるのではないかと思っています。

「たべたし」で店舗を回るうちにその理由が分かりました。

皆さんが口を揃えておっしゃるのは、「効果がないから」「分からない」・「時間がない」です。

あなたが何か商品やお店を探される時のことをご想像してください。

さらに、その商品が高額だった場合に『ネット検索』して情報がない (少ない)お店から購入されますか?

あなたがまず最初にやるべきことは、広告を出されることではなく、お客さんが安心して購入(サービス)を受けられる環境(コンテンツ)作りをすることが重要なのです!!!

『砂漠で砂を売る』

砂漠で水を売るならば、誰もがその水を求め、また言い値で買ってくれます。

じゃあ、逆に考えた場合にどうでしょうか?

・砂漠で砂を売る

・北極で氷を売る

今売られている商品が、世界であなただけしか販売しておらず、また誰もが欲しい物であれば何もしないで売れることでしょう。

行列の絶えない繁盛店の共通点は、店舗自らがターゲットに対して的確な情報発信をされているのです。

商品が欲しい人に対して、ターゲットが欲しい情報を発信することで、さらに店舗のファンになりリピーターになります。

『広告の効果を最大限にする』

あなたの商品 (サービス)がそれを必要とするお客さんに伝われば、お客さんが自ら必要性を感じ行動します。

そもそも人が商品(サービス)を購入するのは、ビジョンやストーリーへの共感があり、それによって期待感が上がり、最後に「お客さんの心を掴み・動かす」ことなのです。

なので広告を出しても、そのステップをすべて飛び越えているので売れないのは当たり前なのです。

だからこそまずは、

「ホームページ」「SNS」「ブログ」で、あなたのことを知ってもらうことが大切なのです!!!

そうすることで、

数あるライバル店の中で、あなたから買いたいという人が必ず現れます。

さて、

この投稿が、広告で期待した効果がありますかというご質問に対して即答で『はい』と答えられるようになりましたら幸いです。

Webにーずでは、実際に私たち自らSNSやブログ運営をしており着実にフォロワー・PV数を伸ばしております。

ホームページ制作だけでなく、SNSコンサルなどもやっておりますのでお気軽にご相談ください。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。