情報発信をすることで変わる未来は誰にでも容易に想像できる!集客できない人の共通点(あすいち)

情報発信をすることで変わる未来は誰にでも容易に想像できる!集客できない人の共通点(あすいち)

こんにちは 、夢や目標の期限を公開宣言し達成する『あすいち』運営のたべちゃんです😋

あすいち』とは、自分に課題を課し、達成までの道のりを投稿し続け仲間と一緒に有言実行をサポートするオンラインコミュニティです。

たべちゃんの目標は、6ヶ月以内に腹筋が8つに分かれている8パックを達成します!!

ワークアウト1日目の様子はコチラ←理想と現実がヤバイ(笑)

ワークアウト101日目に突入!!!

今日は、情報は伝えたい相手に伝わってこそはじめて効果がでるってお話しです。

私は普段フリーランスでWebサイト制作やSNSコンサルなどをやっているのですが、

集客でお悩みの方に共通されているのが、情報発信が一方通行だということです💦

情報は発信する内容によって、

相手に、どのような行動を促したいかを明確にする必要があるのです。

ホームページやブログであれば、ユーザーに検索され「見つけてもらう」ことで、はじめて「ホームページ」や「ブログ」にたどりつきます。

なぜならば、「あなたがホームページやプログを作成した事実を誰も知らない」からです。

また、

Instagramであれば「いいね!」ではなく、「コメント」「タグ付け」「メイション」をしてもらわないと意味がないといえます!

ただ何も考えずに、発信を継続しているだけでは「独り善がりの発信」となり、ターゲットに届かないだけでなく、必要最低限である「見つけてもらう」ことすらできないということです。

じゃあ、

情報を相手に届けるためには、何が必要となるのでしょうか?

はじめに結論をお伝えしますと、

どのような行動を促したいか考えターゲットに対して、「情報を明確に発信する」ことにより、あなたの発信をより多くの人に「あなたのファンが発信してくれる」ので、まずは「独り善がりの発信」ではなく、必要最低限である「見つけてもらう発信」を心掛けることが重要です。

また、

ホームページやSNSにしても更新することは義務ではありませんので、「やらないと決めたのであれば、放置するのではなく閉じる」ことも選択肢のひとつではないかと思うです!!!

『なぜ相手に伝わらないのか原因を考える』

はじめにお伝えしたいのが、

情報を発信するための手段で何を使うとかの問題ではなく、相手にどのような行動を促したいかを明確にして、発信することが重要だということです!

そして、

「ホームページ」「チラシ」「SNS」であれ、情報を発信したらそれで終わりではなく、なぜ反応がでないのか「原因を分析して、考えて、理解する」ことが必要なのです。

ここでは、情報発信した場合になぜ効果がでないのかを簡単にご紹介します😃

■発信するだけで分析をしていない

私が最も多いと感じるのが、「情報を発信するだけで分析をしていない」ということです。

「ホームページ」や「Instagram」だけでいっても、無料で使える分析ツールがあります。

分析ツールを使わないのであれば、運用する意味がないのではないかと感じています💦

Webにーず』では、実際に私たち自らが「分析ツール」を使いながら、Instagramやブログ運営をしております。

Instagramだけでいえば、

福岡グルメを発信する『たべたし』と現在見ていただいている『あすいち』を、ゼロから運用しています。

『たべたし』は2020年12月20日開始で、『あすいち』は、2022年1月15日開始となります。

また、

分析ツールを活用することで、『あすいち』『たべたし』の2倍以上のスピードで「フォロワーが増加」しており、1,000人のを超える未来も明確に想像できます!

■発信しているものが、独り善がりの発信

もし知りたい情報があったとしたら、あなたは何をしますか? 

多くの方が、Google等の検索サイトで検索すると答えられるはずです。

しかし、

今では私よりも若い世代になると、Google等の検索サイトではなく、SNSを使って検索しているのです。

また、

若い世代が重視しているのは、普通の人たちの率直な意見となり、「クチコミ」だということを理解する必要があるのです。

今一度この機会に、あなたの発信が「独り善がりの発信」になっていないのかを考えてみてください!

あなたがInstagramでお店の発信をする場合に「文章無しで写真のみの投稿」「文章や写真が毎回同じ」「お店とは関係のないものばかり」になっていたら注意が必要です!!!

検索する側は「お店の情報を知りたい」からこそ検索しているのです。

■更新が滞っている

「ホームページ」「ブログ」「SNS」でファンが離れる一番の原因が、更新が滞っていることです!

ある程度投稿されているのであれば、更新が滞っていてもそれほど問題ではないと思っておりますが、「見つけてもらう」ことを目的としてはじめたのであれば、投稿の内容にもよりますが「最低でも50投稿」くらいはやられた方がいいのではと感じております。

また、

ホームページの更新を怠ってしまうと、Googleの検索順位が落ちるだけでなく、閲覧者の信頼を失う可能性もありますし、古い情報のままだと情報の食い違いによるトラブルが起こることも考えられます。

しかし、

ホームページやSNSにしても更新することは義務ではありませんので、「やらないと決めたのであれば、放置するのではなく閉じる」ことも選択肢のひとつではないかと思います!

『やるか、やらないかをはっきりする』

■発信しない、デメリットを考えてみる

私自身の経験では、ホームページやSNSは集客において必要であり、費用対効果がかなり高いと思っています!

実際に私は、仕事の依頼は「ホームページ(お問合せ)」や「クライアントからの紹介」がほとんどですし、InstagramのDMから「取材依頼」をいただいています。

情報は伝えたい相手に伝わってこそはじめて効果がでるので、相手に伝わっていないのであれば反応がないのは当たり前なのです!

また、

どのような行動を促したいか考えターゲットに対して、「情報を明確に発信する」ことにより、あなたの発信をより多くの人に「あなたのファンが発信してくれる」ので、まずは「独り善がりの発信」ではなく、必要最低限である「見つけてもらう発信」を心掛けてみてください。

いかがだったでしょうか!?

この投稿が、集客にお困りの方のお手伝いになりましたら幸いです。

Webにーずでは、実際に私たち自らSNSやブログ運営をしており着実にフォロワー・PV数を伸ばしております。

ホームページ制作だけでなく、SNSコンサルなどもやっておりますのでお気軽にご相談ください。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。